岐阜で住宅や店舗の設計事務所をお探しならLIC・山本建築設計事務所へ

終の住処-air断

air断の家

この家は10年ほど前に設計させていただいた親御様の家です。

暮らしやすさ、バリアフリーをテーマに設計しました。

ヒートショックを考慮しair断で全館空調を行いました。

聞きなれない言葉「air断」とは、エアコン1台乃至2台(大きな家)を設置し

外の気温よりかなり安定した気温である床下の空気を採り入れ、それを温め、冷やします。

そして、各部屋、収納、シューズボックス、トイレ、洗面などに換気扇を取り付け

それを温度センサー、湿度センサーの数値をマイコンでコントロールし換気扇で、

外壁の通気層に排出します。通気層の空気を室内側の温度に近づけることで壁体内

結露を抑える効果も有しています。