岐阜で住宅や店舗の設計事務所をお探しならLIC・山本建築設計事務所へ

Blog

「麦わら」 施主様が店をオープン2018.12.17

施主様が「麦わら」というお店を12月にオープンされました。

お店はドライフラワーのリースやスワッグ、雑貨とヒンメリのお店です。

❑営業日は 毎週水曜日10:00~16:00 現在は週に一日だけ営業されています。

たまに変更、追加営業日があるとのことで、instagram ID mugiwara8800 にてお知らせされるそうです。

❑住所 岐阜市北一色10-31-1

早速、昨日は急遽営業されているとのことで伺いました。

花の香りが漂い濃い藍色の壁とリース、ヒンメリの色がとっても合っていて心地いいお店です。

是非、まずは見学してくださいませ。

 

 

                    

   

2015年に岐阜市景観賞を受賞したお宅です。

 

 

エア断の家 東海市2018.12.14

エア断の家(東海市)の配筋検査に12月13日に行ってきました。

地盤調査のロットを抜いたら水が湧いてきたのも部分的な地盤改良で収まり安心しました。

地鎮祭2018.12.11

片流れ屋根の家

9日日曜日に地鎮祭が無事に執り行われました。

6月末完成7月にお引き渡しの予定です。

エア断の家 外壁ガルバ横張2018.12.11

外壁のガルバリウムの施工がほぼ終わりました。

板金屋さんにはコーナーを手間のかかるスッキリとした納まりをお願いをしました。

苦労おかけしました。

 

メンテナンス打ち合わせ2018.11.17

今日は高井建設の社長と13前に完成したお宅に伺ってきました。

外部下水管のメンテとその他の打ち合わせです。

隣家の浄化槽(撤去済)の影響で土が少し下がったようで掘って管の状態を見ることにしました。

直ぐに対応していただけるので安心です。

外壁あまり汚れていませんでした。

久しぶりにみる家は懐かしかったですし、いろんなことを思い出しますね。

お昼に出していただいたのに鶏肉が食べれなくてごめんんさい,でした。

ずっと鶏肉だけ食べれないんですよね、皆さん美味しそうに食べられますけどね。

 

 

エアータイトのチェック2018.11.13

エアータイトの施工確認

施工要領所通りきちんと施工されていました。

東海市のair断の家 地鎮祭2018.11.07

天気も良いなか東海市で地鎮祭が執り行われました。
9年前に設計し完成した格子網戸のあるテラスの家の敷地の南側に
お母様とご親族世帯の2棟の地鎮祭でした。
打ち合わせ時には場所を提供していただきとても助かりました、ありがとうございました。
この2件の家はair断を採用していただきました。
air断については、工事の進捗に合わせ掲載します。

2019年4月以降の住宅贈与税の非課税枠2018.11.05

建築の場合消費税が10%になる時期が一般より半年早い2019年4月1日からとなります。
消費税10%になったときから下記の期間で贈与税の非課税額が大きく増額された後、2021年4月1日からは現行通りに戻ります。

消費税が10%の物件の非課税枠(2019年4月1日以降)

(新築住宅の購入、住宅の新築や増改築、不動産会社が売り主の中古住宅など)
契約時期 非課税枠
2019年4月1日~2020年3月31日 ・2500万円(一般住宅)
                ・3000万円(一定基準を満たす住宅)
2020年4月1日~2021年3月31日 ・1000万円(一般住宅)
                ・1500万円(一定基準を満たす住宅)
2021年4月1日~2021年12月31日 ・700万円(一般住宅)
                 ・1200万円(一定基準を満たす住宅)※3
※1 当制度は2021年12月31日までに、父母や祖父母など直系尊属からの贈与により、自分が住むための家屋の新築、取得又は増改築等の費用を取得した場合に適用される。また、「一定基準を満たす住宅」とは、「断熱等性能等級4または一次エネルギー消費量等級4以上」、「耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上または免震建築物」、「高齢者等配慮対策等級3以上」のいずれかを満たす住宅。
※2 2019年3月31日までに契約する物件は、引き渡しが消費税10%増税(2019年10月1日)以降でも税率8%が適用される(仕様などに特別な注文ができる契約の場合)
※3 東日本大震災により滅失した住宅再建等の非課税枠は、1000万円(一般住宅)と1500万円(一定基準を満たす住宅)

コンクリート塀の天端2018.11.03

今朝、工務店と板金職人と引き渡し後4年のお宅に伺ってきました。
先日の台風のときに樋のつなぎ目から雨が漏れているのがわかり、その手直しと塀の打ち合わせでした。9月の台風の被害で未だに板金屋さん防水屋さんなどが手直しに回り切れない状況にあるみたいで緊急性のあるところからやっているようです。

そして2階からコンクリート塀の天端を見たら凄くキレイな状態で嬉しくなりました。
天端をV字に近い形状にしてウレタン防水をした成果が出ており、写真のようにキレイでした。壁に垂れて汚れもなくいい状態でした。コンクリートに打ち込んだ雨の樋もキレイな状態でした。

和モダンの家2018.10.23


午後からは和モダンの家で打ち合わせ。
通学路沿いということもあり鋼板の仮囲いをしています。現場に行ってちょっとビツクリ。
随分前はこのような仮囲いは普通でしたが近年で住宅ではあまりここまでしません。
詳しく聞くと道路占用の申請をしたときに岐阜市から、小中の通学路のために、このように囲うよう指導があったということでした。

エア断の家2018.10.23


エア断の家

エア断の打ち合わせをしました。初めてのAir断の住まいの設計のためエア断発売元のホームリサーチから来てもらい確認しながら取付場所などを微調整しました。家の中に系統を分けて10数台の換気扇を設置し室内外の温度、湿度によりマイコン制御し運転する仕組み。
そして換気扇から排出する空気は外壁の通気層へ。キッチンの換気扇は普通に外に排出します。
部品を取付けて見えるようになったら、画像で紹介いたします。

テクノアオフィス2018.10.22


今日、テクノアさまに伺いました。
いつも綺麗にメンテナンスされていてうれしい限りです。
外壁に使っているアルポリックはイニシャルコストは高いですが、10年経過しても綺麗です。

ふすま紙と照明器具2018.10.13

今日は建主とふすま紙と照明器具を見に東近江市の方に行ってきました。

野田版画工房さんの工房を訪問して説明をいただきました。
何色も重ねて刷られて深みのある自然な濃淡のついた紙に更に紋様を刷ったもの や 幾何学的に模様を並べた紙など全てが芸術品でした。


その後に照明器具も見てきました。

どちらも手造りで手間をかけた、いわゆる一品一品その家その空間のために作り出される品はその家の品格をも醸し出してくれることと思います。

祝上棟2018.10.11


一時小雨がパラつきましたが無事に棟上げが終わりました。
通りが綺麗な場所であり金華山も直ぐ傍に見え、公園も近くにあるいいところに建ちました。
街並みに映えるよう頑張っていきましょう。

神代欅 テーブルの無垢板2018.08.18




事務所の打ち合わせ用のテーブルを替えようと天板を見に桜井銘木店に行ってきました。
桜井銘木店さんの倉庫は人が一人通れるくらいしか通路が空いてないほどギッシリと無垢板が積まれています。
当日行っても直ぐには出せないので、7月に希望に近い板を用意してもらうよう頼んでありました。

神代欅が気に入りましたが色が今の家具、椅子と合うかなと思いつつ神代欅に魅せられて、これに決めました。
画像はその神代欅で何故「神代」といわれるかといいますと大木が噴火(数千年前)などにより火山灰の下の方に埋もれたものが現代に何かの都合で掘り起こされて出現したものになります。
「神代」とは、日本の国で神武天皇が即位する以前の神が支配していたとされる時代のこと。神話の世界となると、2600年以上も昔に遡る事になります。火山灰に埋もれていま木は独特の色合い(グレーっぽく)に染まっています。
そして今、ここで手に触れることが出来るなんて感動です。

基礎配筋2018.08.18

・「エア断の家」8月16日配筋検査に行ってきました。

 きれいに組まれていました、手がいいですね。
 定着長さ、コンクリート被り寸法、その他図面通り、OKでした。勿論JIOさんの検査もOK。

地鎮祭2018.08.07

8月5日10時から地鎮祭が執り行われました。

ご家族4世代がお揃いで出席されてほのぼのしますね。

工事に入る家は若夫婦世帯の家です。

敷地の北側に停めた私の車もお祓いしていただけたような感じになり恐縮しておりました。

飛び込み2018.08.06

昨日、午後からプランの打ち合わせをお客様としていると初めての方が訪問されてきて「飛び込みできました」と、しかも県外から。

打ち合わせ中だったので、終わり次第連絡をして打ち合わせをさせていただきました。

「飛び込み」というのは過去にも記憶がありませんが頼もしい限りです。「飛び込み」大歓迎ですが不在のときもありますからね。

プランの打ち合わせの方もまずまずでいい感じに進みました。

経験したことのない暑さが続く2018.07.24

今日も午前中といえども既にバリバリの暑さの中土地を測ってきました。

10分も陽の当たるところにいると日影に入り水分を摂り休憩するといった具合です。

経験したことのない暑さで外にいると熱中症にならないか不安ですね。

腕も真っ赤になって帰ってきました。

既にある緑豊かな環境の中にどのような形で応え光と風を感じる住まいにするか、じっくり考えたいと思います。

 

 

スタッフ募集のお知らせ2018.07.22

スタッフを募集しています。

経験のある方を募集しております。

興味のある方のご応募をお待ちしております。

メールで連絡頂いてから面接の連絡をさせていただきます。

地盤調査から湧水2018.07.20

スウェーデン式サウンディング試験で地盤調査をしたときに調査穴から湧水が出てきたと連絡があった。

現在、見積もり中で工務店も決まっていない状況でのイレギュラーなことは困るのですが、そうは言っておられない。

当日、現場に行くも大したことは出来ず、一日置いて今日は噴き出す位置に塩ビ管を埋めてパスカルの原理で水圧で止めようと試みる。

しかし水面より60センチほど出た管を徐々に水は上がって管から噴き出す始末。もっと長い管が必要か。

結局これに塩ビキャップで塞ぎ一応湧水は確認できない状態になった。

でも濁った水中は直ぐに透明にならないので、出てるかも?

今日のところは、これで様子見。

しかし、外は暑いですね、皆さん外では無理なされないように。

 

Air断という新発想の断熱方法2018.07.17

エア断は壁内の結露対策を目的として開発され、ほかにも夏や冬の建物内の温度や湿度の変動を保つ機能を備えています。
住宅検査会社が、壁の断熱材の結露改善を目的に試験をはじめ、成果が得られたことから研究して出来上がったもの。

詳細は説明サイトを見ていただけたらと思います。
Air断

 

LIC・山本建築設計事務所では、Air断住宅の設計も扱っています。

Wスリットの竣工写真をUPしました2018.06.06

3×2jpg

Hi-house-Wスリット

随分前から自分で撮影することが多く、夕暮れ時の刻々と暗くなっていくときには焦ります。(6月2日撮影)

夕景は露出とシャッタースピードを変えながら何枚も撮影し、外でも屋内でも、この時間帯は結構焦ります。

昼間の北面は直射日光があたる時間に再度撮影する予定です。

陰影が奥深さと、光の心地良さを醸し出してくれます。

アール屋根の家2018.04.25

IMG_2390 IMG_2394

アール屋根の家もあと少しで完成です。

アールの屋根もアール材を使用せず垂木と合板が湾曲出来る範囲にしていますので

真っすぐな屋根とさほど費用は変わりません。

外壁はモルタル。

スタッフ募集のお知らせ2018.04.23

スタッフを1名募集いたします。

ご希望の方はメールにてご連絡くださいますようお願い申し上げます。

経験者優遇。

liclic@nifty.com