岐阜で住宅や店舗の設計事務所をお探しならLIC・山本建築設計事務所へ

Blog

尾張旭の家2017.12.26

IMG_1410

先日外壁の仕上げの検討を行いました。

初めての水墨風仕上げなので大きめのサンプルを製作していただきました。

自然な風合いです。まだら感が正に水墨画のようです、これに決まりました。

スリットハウス2017.11.30

IMG_1189

家のカタチが見えてきました。

和モダンの家 岐阜市2017.11.30

photoshop3  2階外壁ジョリパット

岐阜市 和モダンの家 2018.10完成予定

Mu-house-ガレージの画像をアップしました。2017.11.22

Mu-house-ガレージ の画像をアップしました。

DSC_0200

DSC_0141

スリットハウス2017.11.21

IMG_1101

玄関から眺めたところ

やや圧迫感はありますが洞に入っていくようなアプローチです。

尾張旭の家2017.11.21

IMG_1107

先日、上棟が済みました。北側にあるテラスが見えています。

スリットハウス2017.11.08

IMG_1011

7日、正面のメインの斜め壁の納まり確認。

斜めに先端をとがらせるためにふかした壁は予定通り。

お宅拝見~羽島きらめきまちづくり美観賞??2017.11.04

羽島のT様宅を現在計画中のお客様と見学させていただきました。

引き渡し後3年経ちましたがいい感じでお過ごしでした。

超まめなご主人のプロ並みDIYも随所にあり、上手に住みこなされている感じで嬉しかったです、見学ありがとうございました。

そしてコーヒーをご馳走になっているとT様が「「羽島きらめきまちづくり美観賞」の賞をもらったよ」、えーいつの間にと驚いているとお嬢ちゃんが賞の盾を見せてくれました。

このお嬢ちゃんが質問などに先回りしていろいろ分かりやすく案内してくれました、ありがとうございました。

IMG_0997 InkedIMG_0999_LI

スリットハウス2017.10.31

IMG_0984

10月31日に上棟しました。

カタチが現実のものとなり感慨深いですね。

この施主様は6年前に一度お話があり土地を見に行き、その後ご出産などで

延期となり、昨年再びお話を頂きこの土地で建築する運びとなったのです。

自然林が近くに残る穏やかな住宅地にこの住まいの建築地があります。

そんな中にひときわ際立つ住まいが出来上がっていくことを楽しみにしています。

尾張旭の家2017.10.30

IMG_0971

基礎配筋のチェックに行ってきました。

この家の北側に森の緑が一面に広がっています、北側にcoffeeを

飲めるほどの屋根付きテラスを設けています。

住宅取得時の税制度2017.10.05

住宅を建てるとき、完成後も含め土地と建物に対していろんな税を支払わなければなりません。

また、面積などにより税が軽減される制度もございますので、紹介いたします。

印紙税 消費税 登録免許税 不動産取得税
贈与税 相続時精算課税制度 住宅取得資金の贈与
住宅ローン控除 認定住宅の特別控除
固定資産税 都市計画税

住宅の床面積による税の軽減は下記のように面積の上限が異なるものがあります。

両方適用したい場合は240㎡以下に注意してくだい。

住宅の不動産取得税の控除額が適用される床面積は50~240㎡

固定資産税の軽減税率が適用されるのは床面積50~280㎡

この他にも、リフォームや、売却時の税制についてもあります。

住宅建設等の補助金制度2017.10.04

県や市町村には、住宅建設時の補助金の制度がいくつかあります(利子補給など)。

その制度の一部について、下記にまとめてみました。これ以外にも、また岐阜以外の地域にも似たような補助金制度がございますので、ご自身でお調べください。

支給には申請が必要で、適合条件もあります。

岐阜県の新築住宅の制度
岐阜県個人住宅建設等資金利子補給制度
岐阜県省エネ住宅建設資金利子補給制度
岐阜県産木造住宅建設資金利子補給制度

岐阜県のリフォームの制度
岐阜県住宅リフォームローン利子補給制度

岐阜市の制度
岐阜市民有地緑化の補助制度
その他岐阜市の補助金制度一覧

谷汲山華厳寺2017.09.30

4人の同窓会

谷汲山華厳寺山門前にある立花屋旅館にて4人の同窓会をやってきました。

tanigumi kegonnji
谷汲山華厳寺の山門

大阪の2人と岐阜の2人の計4人です。

昨年の秋から4人で泊まりの同窓会を半年に一回ペースで始めました。

普段はなかなか会えないのですが、会うと一気に学生時代の雰囲気に。

前回、前々回は京都だったので今回は岐阜で。

今回は谷汲立花屋旅館でお世話になりました。

鮎ずくしの料理はとっても美味しかったですよ、お勧めです。

tatibanaya ayu

鮎の 塩焼き、田楽、刺身、鮨、フライ、吸い物、などなど

既に次回が待ち遠しいです。

尾張旭の家 地鎮祭2017.09.26

IMG_0785

9月23日に地鎮祭がありました。

森林公園に面し公園側の植林帯の眺望を取り込む家になります。

5~6年前からご相談があった建築主の夢が詰まっています。

エア断熱2017.09.26

LICでは、「エア断熱」という省エネシステムを採用していきたいと考えています。

「エア断熱」は、建築物検査会社のホームリサーチ社が、壁内の断熱材の結露を解決するために考案したエアサイクルシステムです。それだけでなく省エネ効果も高いことから、さらに研究を重ねシステム販売されることになったものです。

特徴は床下の空気を採り入れること、換気扇で排出する空気は外壁の通気層に排出していること、それらをセンサーでコントロールし、夏でも冬でもエアコン1台で過ごせるというものです。

 

夏の場合(簡単に説明します)

床下の空気の温度は28度前後です。家の各場所に換気扇を取り付け運転(センサーでコントロール)したときに床下の空気を吸気口から自然に取り入れます。エアコンの近くにも床下の空気を取り入れエアコンは28度前後の空気を冷却します。(滋賀県にある展示場ではエアコンの1日の電気代は8月の晴れの日で80円前後になっていました)

床下の空気は涼しいとは思っていましたが、これほどとは思いませんでした。展示場で体感した床下出てくる空気だけで冷房はいらないと言われる方もおられるくらい涼しいですね。

そして換気扇の排気は外壁の通気層の中というわけです。外壁の通気層で外壁から伝導してくる熱を緩和するというものです。

 

詳細は、Air断の説明サイトをご覧ください。

イニシャルコストもランニングコストも経済的です。

お寺の屋根の葺き替え2017.09.20

お寺

夕方の写真で見にくいのですが、お寺の屋根瓦の葺き替え工事中です。

法事のことでお寺にお邪魔したら3人の職人さんが葺き替え工事をされていました。

屋根の棟に近いところは45度前後と立っておられると目の前に屋根がある感じです。

屋根を葺くための桟があるので葺いていくときは良いのですが、葺き上がりは棟の方なので

足場板を取り付けながら瓦を葺き、葺き終わったら足場板を利用し足場板を外しながら降りてくる

ということになります。

特別な人ですね、登れる方は。

今の住職さんは70歳ほど、自分が動ける間に大仕事の屋根の葺き替えをして次の代に渡したいという想いだと思います。

鮨なか川 磐田市2017.08.07

IMG_0403

鮨なか川さんの現場があと少しで完成になりました。

完成後の準備がありますのでオープンは9月です。

完成したら鮨と一杯やりたいですね。

 

地鎮祭2017.07.28

完成image 2

 

IMG_2212模型

161205image2

本日、地鎮祭が執り行われました。

神主様のお話し

玉串を奉典するときは

1.先祖、親への感謝

2.土地に住まう生物への礼

3.工事安全

の順に願うのが良いとご説明いただきました。

2年前にお引き渡しした家2017.07.27

IMG_0280

2年前にお引渡しした家の外構の相談の連絡があり行ってきました。

バイクを買いたいとのことでバイク庫と外構の相談でした。

イギリスのバイクだそうで、メーカーを訊きましたが忘れました。

お気に入りの外観を損なうことなく、どこにどう造るか?

暫く時間をいただいて考えることにしました。

ダイキン アクティブ・サーキュレーション気流2017.07.20

banner

skyair__c1_4

エアコンから吹き出す風が上図のように天井面をはってゆき、

気流が直接体に当たらないように出来るエアコンが出来ました。

体感も今までのものとは全く違います。風が当たって冷えす

ぎでお困りの方に朗報ですね。

ダイキン製 アクティブ・サーキュレーション気流 で検索。

テクノア様増築工事で採用致しました。

スリットハウス2017.07.20

20161105_idea-sketch-015

スリットにこだわったスリットハウス。

やっと金額もまとまり来週地鎮祭の運びとなりました。

完成時期までゆとりがあったので時間がかかりましたが、完成も待ち遠しいです。

外観と同様プランもどうしてこんなカタチ??直角の壁がほとんどないのです。

◆愛知県東浦町の家

日射調整ガラス SAGE 2017.07.15

日射調整ガラスという商品をご紹介します。

サンゴバンの日射調整ガラス”SAGE”

SAGEはサンゴバングループが製造する建築用ガラスで特殊コーティングが施されたペアガラスと室内外に設置されたセンサーによって可視光透過率を2%~62%に自動で調整できる超高機能ガラスです。

フランス国立極東学院の校舎に採用されています。

今後は建築部品もIotの活用で自動制御されるものが増えてきて、より便利になってきますね。

日射調整ガラス”SAGE” 動画

引き渡しから2年半2017.07.15

IMG_0041

IMG_0053

中庭のある家を引き渡してから2年半が経ち、車庫の相談がありました。

相談の最中に奥様が 外からこの家に帰って来るといつも幸せを感じます って嬉しすぎます。

外観のイメージのまま予算の中でどうつくるか模索している最中です。

水盤をタイル張りに2017.06.28

IMG_0076

テクノア様のオフィス水盤をタイル張りに変える工事をしています。

見る角度によって模様が変わって見える菱形タイルの組み合わせ。

水盤のメンテナンスは大変な労力だったみたいです。

いつもキレイな状態で水が張ってありましたが、ご苦労されて保持していただいた上の賜物でした。

現地審査2017.06.22

先日住まいの文化賞の現地審査のため訪問してきました。

当日は施主様にも休みをとっていただきお世話様でした。

新築当時に植えた様々な植物が色とりどりで白い壁にとても映えていました。

bunnkasyou

syokubutu

syokubutu2