岐阜で住宅や店舗の設計事務所をお探しならLIC・山本建築設計事務所へ

Hi-house-W Slit

この建築地は、敷地の北側が道路、残りの三方は隣地、そして南側と東側の敷地は当該建築地より1メートルほど高く造成されている。南側の建物は片流れの屋根で、北に行くほど屋根は高くなっている。こうした条件は、建築地にとっては条件の悪い形になっている。冬の太陽の影が、かなり奥深くまで入り込むような状態である。

敷地の南側は、冬は日が当たらず、また隣家の視線が届きやすい位置になることから、通常のように南側には窓を設けずに、吹き抜けを設け、一日中陽の当たる場所に開口部を設けた。こうすることで、吹き抜けと中庭を介して、光が建物の奥深くまで届くように計画されている。つまりは南側だけを意識したというより、全方向に適している間取りともいえる。

この建物の正面には、大きな2つのスリットを設けていることが特徴となる。ひとつのスリットは玄関の入口、もうひとつのスリットは車の入口となっている。

この建物の計画にあたって、施主が私の設計した別の建物を気に入られて、それを進化させたような形にして欲しいとの要望があり、このようなデザインを提案しました。